nhap_cung
和食に合うワイン
fruit on the table

日本人にとってワインに合う食事は、フレンチやイタリアンなどだけだと思っている人は多いでしょう。確かに、日本で外食をするときにワインが置いてあるのは、フレンチレストランかイタリアンレストランです。またレストランに置いてあるワインも酒屋に置いてあるワインも、フランス産、イタリア産、チリ産など海外のものばかりです。ワインは洋食に合わせるものというイメージを持ってしまって当然かもしれません。ですが、日本から一歩出てヨーロッパにいけば、日本も外国です。ワインを普段から飲むヨーロッパの人にとっては、和食レストランへ食事に行ったときには、和食に合うワインが必要となるんです。
そんな和食に合うワインとして海外で人気集めているのが、山梨で生産された甲州ワインです。この甲州ワインは日本国内よりも海外で先に高い評価を受けているんです。その理由はもちろん、甲州ワインの品質の高さと味です。
甲州ワインは海外のワインと比べると酸味が抑えられています。海外のワインはフレンチやイタリアンといって濃い味の料理の口直しの意味もあり酸味を強くしています。ですが、和食は薄味でさっぱりとしています。ですから、酸味が抑えられた甲州ワインがぴったりと合うんです。
日本人にとって和食は日常的に食べるものです。これまではなかなかワインを合わせるという発想はなかったかもしれませんが、今後は甲州ワインでその組み合わせを楽しんで下さい。ワインへのイメージが大きく変わるはずです。